miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

Win7デスクトップ

Windows7にて、デスクトップ上のショートカットが突然消える!!

という現象があります。

ショートカットでメインに作業されている方にとっては、とても恐怖体験かと思います。

これは、Windows7のトラブルシューティングツールが行っている、自動保守によるものです。

 

Windows7の場合、デスクトップ上に破損したショートカット(いわゆる参照先が不明、あるいは現時点で不明なファイル)

が4つ以上あった場合に、それらを削除するという保守機能が備え付けられています。

この機能は、Windows7の保守ツールであるため、初期値では有効になっています。

 

この機能を無効にする方法は、

スタートメニュー>コントロールパネル(表示方法:カテゴリ)>システムとセキュリティ下の問題の発見と解決>左側設定の変更

の中に、「コンピュータ」保守の項目がありますので、そちらを無効に。

 

ただ、この保守機能を無効にすると、他の保守機能も無効になるため、注意が必要です。

どんな影響があるのかというと、壊れたショートカットの削除のほかに、ディスク容量の確認、不良セクタ等の確認、エラー報告の上限値での削除

等があります。これに関して、どこまで不利益があるか、と言われると、個人的にはそう影響はないかなと思いますが、

全く影響がないとは言い切れませんし、長い目で見ると無効にしない方がいいでしょう。

 

ただ、時々トラブルシュートを行い、PCの状態をチェックしてもらうというアタマがあれば、問題ないとは思いますが。

 

このほかに、妥当な方法として、ショートカットを4つ以上作らないという方法があります。

ショートカットを4つ以上作る場合は、デスクトップ上にフォルダーを用意し、その中に放り込んでおくと、

ま、ワンクリック増えますが、この方法が最良かと思います。

MicroSoftも推奨しているわけですし。

 

当方は保守機能無効の方法でしばらく様子を見てみようかと思います。