miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

給油ランプがついてから走れる距離

面白い話題ですね。

低燃費カーがはやりだした昨今、この話題は、いまや無縁ではないかと思いきや。。。

 

最近はリッター30キロ、新しいプリウスに関しては、リッター60キロ!!

給油することを忘れてしまうんではないでしょうか。

また、低燃費になればなるほど、燃料タンクは小さくなるみたいで。

それでも従来の乗用車よりは格段に走る走る。

 

しかし、今はまだ低燃費乗用車は、費用対効果というところで、微妙なラインであるとは思っています。

また、電気自動車ですが、こちらも、耐久性はいかがな門でしょうか。

20万キロ走ったりすると、やっぱりディーゼルとか、レギュラー車のほうがいいきがします。

さて、本題です。

給油ランプがペカってから、何キロ走る門でしょうか。

私も先日くらいました。

夜遅くに田舎から発進。

 

数十キロ走った後、給油ランプがペカ。

BIGでも、バケでもないこの悲しい光。

ナビで調べたガソリンスタンドは、24じゃない。

どこも閉まりっぱなしで、ついに町まで走り、ようやく24のスタンドを発見し、事なきを得たわけですが、

走ってる間はひやひや門でした。

いつとまるかわかんないでしょ??

途中でロードサービスの連絡方法調べたり、いろいろしはって、

そのとき、山道で県外になる始末。。

さすがにあせった。

 

車中泊??いやいや。

 

大体10リッターくらいサブタンクに入っているらしく、リッター10なら100キロ

リッター8なら80キロだそうですが、

回転数上げずにゆっくりエコな走りをお勧めします。