miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

平成26年度診療報酬改定答申

本日H26.2.12 に厚労省 中央社会保険医療協議会資料にて、平成26年度改定に向けた答申が公開されました。

 

診療点数の具体的な改定内容とその点数が公開されています。

今回は、消費税増税対策として、初再診、入院基本料等の病院共通で関係のある項目について、点数が増加しています。

また、医療機能分化において、今回大きな一歩を踏みだそうとしていると見えます。

 

2025年にむけて、高度急性期 急性期 地域包括・回復期(ここ微妙) 慢性期 という4つの区分に日本の病院を分ける。これにより現在の患者をこれらに割り振り、それぞれに係る医療資源、医療保険を割り振っていく。

 

消費税増税のさなか、病院は何も変わらないわけではありません。密かに点数を上げ、増税分をカバーしています。でないとつぶれますからね、、、

 

しかし、あからさまに医療費に税金を課税するより、消費増税分を医療費に回したほうが、カモフラージュできていていいのでしょう。

 

この4月からは、医療費が上がりますので、皆様そのつもりで。。。