miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

WindowsServer2003 サポート終了に伴う サーバ機能の移行について

WindowsServer2003のサポート終了が2015年7月に迫り、現在ハードの需要が増しに増している状況、価格も高騰しているようです。

ハードはもちろんのことですが、WindowsServerには、CALという同時接続数の概念があり、接続数に応じてCALを購入し、接続を管理していかなければなりません。

OSプラスCALにより、サーバ価格は跳ね上がり、簡単に100万円は越えてしまいます。

安価なものでも、ハードとOSで50万程度、しかしサポート終了は迫っています。

 

自分なりに探した結果、サーバ機能をそんなにフル活用していないのであれば、NASの使用をおすすめします。現在のNASは、WindowsStorageServerを搭載しているものもあり、価格も15万円程度から。

ファイルの世代管理も可能で、ファイルサーバとしての機能が主であるとか、接続数がさほど多くないという環境にちょうどいいのではないかと思います。

 

しかし、サーバ機上でアプリケーションが動いていたり、データベースを構築されている場合、その限りではありませんが、その機能を他のPCで代用できるとか、アプリケーション、データベースの部分は、インターネットに接続しないで延命するとか、とにかく大きく費用がかかることは避けたいところです。

 

メーカーはかなり煽ってきますが、きちんと下調べをして、対策をとって下さい。