読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

病床数削減要請

団塊の世代が75歳に突入する2025年に向けて、病床数の削減が要請されるようだ。

2025年の適正数は15万床減の119万床。300床レベルの病院であれば500施設がなくなる計算だ。

これは、医療業界にとって、生き残りをかけた戦いでもあるのだ。

病床数の削減は、補助金や診療報酬によって、誘導されるのは目に見えている。しかし、補助金や診療報酬の甘い汁は、いつまでも続くものではない。病床の削減を行ったとしても、補助金や診療報酬上の優遇がなくなってしまえば、病院経営は苦しくなる。

甘い汁を吸いに病床削減に貢献してもいいが、その先の攻め方も考えなければ、みるみるうちに窮地に追いやられてしまうだろう。

28年度改定を境に、日本の医療体型は大きく舵を取り始めるだろう。

広告を非表示にする