miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

2025年問題

2025年問題を知っていますか?

2025年には、団塊の世代が75歳以上を迎え、後期高齢者が2200万人(4人に1人が75歳以上)という時代になります。

これは、どんなことを意味しているのでしょうか。

 

年金受給者数がピークを迎え、現役世代が負担している年金では賄えなくなってくるかもしれません。介護従事者が枯渇し、37万人不足するとも言われています。

 

ただでさえ年金受給に対して不安のある今の日本ですが、本当に財政は大丈夫なのでしょうか。

私達が年金受給者になる時には、年金はあるのでしょうか。医療費の圧迫も大きな問題です。介護従事者の方々には、現在処遇改善として介護報酬によるプラスアルファが支給されています。

そもそも介護保険事業での介護従事者に対する賃金が低すぎることが原因としてありますが、それを介護保険費で補おうとしています。介護保険の財政は大丈夫なのでしょうか。

 

現在65歳以上の高齢者がピークを迎えています。

これから医療費、介護費が増えていく中で、私達の生活に明るい光は見えているのでしょうか。

広告を非表示にする