miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

平成28年度診療報酬改定

平成28年度の診療報酬改定まであと半年。

今年度もマイナス改定になることはほぼ決まっているような空気です。

 

平成26年度改定では、特定集中治療室管理料が新設され、より体制の整ったICUのための評価が作られました。

しかし、A項目3点以上の患者には重症度の低い患者も含まれており、この評価基準について、どのように考えるかが問われている。

 

A項目の見直しは以前より議論に上がっている。

確かに、A項目といっても重症度を明確に示すものではないように思える。

 

このA項目は医療の必要度を表すものだが、急性期病院のみならず、亜急性期病院にも波及していく。今回の改定で、かなり苦しい思いをする病院はたくさん出てくるでしょう。

現場の医療に沿った診療報酬上の評価が、適正に行われることを、願っています。