miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

重症患者を受け入れている10対1病棟に対する評価の充実

【I-1(医療機能の分化・強化/入院医療の評価)-②】

重症患者を受け入れている10対1病棟に対する

評価の充実

骨子【I-1(1)】

第1基本的な考え方

10対1入院基本料を算定している病棟のうち、一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」に該当する重症患者を一定程度受け入れている保険医療機関について評価の充実を行う。

第2具体的な内容

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の見直しに伴い、10対1入院基本料を算定している病棟について、一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」に該当する患者を受け入れている割合に応じて看護必要度加算の評価を見直す。

現 行改定案

看護必要度加算(一般病棟入院基本料、特定機能病院入院基本料、専門病院入院基本料)】

看護必要度加算1 30点

看護必要度加算2 15点

(新設)

[施設基準]

看護必要度加算1

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を1割5分以上入院させる病棟であること。

看護必要度加算2

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を1割以上入院させる病棟であること。

(新設)

看護必要度加算(一般病棟入院基本料、特定機能病院入院基本料、専門病院入院基本料)】

看護必要度加算1 55点

看護必要度加算2 45点

看護必要度加算3 25点(新)

[施設基準]

看護必要度加算1

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を2割4分以上入院させる病棟であること。

看護必要度加算2

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を1割8分以上入院させる病棟であること。

看護必要度加算3

一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を1割2分以上入院させる病棟であること。

[経過措置]

平成28年3月31日に看護必要度加算1又は2の届出を行っている病棟については、平成28年9月30日までの間、それぞれ看護必要度加算2又は3の基準を満たしているものとする。