miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

がん治療中の外来患者の在宅医療への連携の充実

【Ⅲ-1(重点的な対応が求められる分野/がん医療の推進)-②】
がん治療中の外来患者の在宅医療への連携の充実
骨子【Ⅲ-1(2)】
第1 基本的な考え方
外来で治療を受けるがん患者が、適切な時期に在宅医療への紹介を受
けることで、終末期により質の高い在宅でのケアを受けることができる
よう、終末期に近いがん患者について、外来から在宅への連携を評価す
る。
第2 具体的な内容
進行がん患者の緩和ケアに係る外来から在宅への切れ目のない移行を
図り、在宅において質の高い緩和ケアを提供する体制を実現するため、
進行がん患者に対して外来で化学療法又は緩和ケアを行う保険医療機関
が、当該患者を在宅で緩和ケアを実施する別の保険医療機関に適切な時
期に紹介することの評価を新設する。
(新) 外来がん患者在宅連携指導料 500 点(1人につき1回に限る。)
[算定要件]
外来で化学療法又は緩和ケアを実施している進行がんの患者であって、在
宅での緩和ケアに移行が見込まれるものについて、患者と診療の方針等につ
いて十分に話し合い、患者の同意を得た上で、在宅で緩和ケアを実施する別
の保険医療機関に対して文書で紹介を行った場合に、1 人につき 1 回に限り所
定点数を算定する。