読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

小児慢性特定疾病の患者に対する医学的管理の評価

【Ⅲ-4(重点的な対応が求められる分野/難病医療の推進)-②】
小児慢性特定疾病の患者に対する医学的管理の評価
骨子【Ⅲ-4(1)】
第1 基本的な考え方
小児慢性特定疾病対策の見直しに伴い、小児慢性特定疾病に指定され
ている疾病に罹患している患者の医学管理に関する評価を行う。
第2 具体的な内容
小児科療養指導料の対象疾患に、小児慢性特定疾病に指定されている
疾病を加えるとともに、包括範囲の整理及び評価の充実を図る。

現 行改定案
 【小児科療養指導料】
小児科療養指導料 250点
[対象疾患]
対象となる疾患は、脳性麻痺、先
天性心疾患、(中略)、血友病及び
血小板減少性紫斑病である。
[包括範囲]
特定疾患療養管理料
てんかん指導料
③ 皮膚科特定疾患指導管理料
④ 小児悪性腫瘍患者指導管理料
(新設)
 【小児科療養指導料】
小児科療養指導料 270点
[対象疾患]
対象となる疾患は、脳性麻痺、先
天性心疾患、(中略)、血友病、血
小板減少性紫斑病及び小児慢性特
定疾病に指定されているその他の
疾病である。
[包括範囲]
特定疾患療養管理料
てんかん指導料
③ 皮膚科特定疾患指導管理料
④ 小児悪性腫瘍患者指導管理料
⑤ 難病外来指導管理料