読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

先進医療技術の保険導入(歯科)

【Ⅲ-8(重点的な対応が求められる分野/イノベーションの適切な評価)-⑧】

先進医療技術の保険導入(歯科)

骨子【Ⅲ-8(8)】

第1基本的な考え方

医療の高度化等に対応する観点から、先進医療会議における検討結果を踏まえ、先進医療の保険導入を行う。

第2具体的な内容

有床義歯補綴治療における総合的な咬合・咀嚼機能検査を評価する。

(新)有床義歯咀嚼機能検査(1口腔につき)

1下顎運動測定と咀嚼能力測定を併せて行う場合(1回につき)

480点

2咀嚼能力測定のみを行う場合(1回につき)100点

[算定要件]

(1) 施設規準に適合した保険医療機関において、有床義歯装着時の咀嚼機能検査を行った場合に算定する。

(2) 1については、有床義歯又は熱可塑性有床義歯を新製する場合において、新製有床義歯装着日より前及び装着日以後のそれぞれについて、当該検査を実施した場合に算定する。

(3) 1について、新製有床義歯装着日より前に2回以上行った場合は、1回目の検査を行ったときに限り算定する。

(4) 1について、新製有床義歯装着日より後に行った場合は、新製有床義歯の装着日の属する月から起算して6月以内に限り、月1回を限度として算定する。

(5) 2について、1を算定した患者において、新製有床義歯の装着日の属する月から起算して6月以内に限り、月1回を限度として算定する。

(6) 2については、1を算定した月は算定できない。

[施設基準]

(1) 当該検査を行うにつき十分な体制が整備されていること。

(2) 当該検査を行うにつき十分な機器を有していること。