miumikumiu's blog

大学病院院内SEの覚書やら日々雑記、診療報酬解釈等々

医薬品の適正使用の推進

【Ⅳ-3(医療機能の分化・強化/地域包括ケアシステムの推進)-②】

医薬品の適正使用の推進

骨子【Ⅳ-3-(1)(2)】

第1基本的な考え方

1.多種類の内服薬を服用している患者について、服薬に起因する有害事象を防止するとともに、服薬アドヒアランスを改善するために、当該患者に対して処方薬剤を減少させる取組を行い、処方薬剤数が減少した場合について評価する。

「Ⅳ-3-①」を参照のこと。

2.残薬、重複投薬、不適切な多剤投薬・長期投薬を減らすための取組等、薬物療法の安全性・有効性の向上や医療費適正化の観点から、医師と薬剤師が連携して、患者の処方薬剤を適正化する取組を評価する。

(1) 多剤処方を適正化する観点から、医師と薬剤師が協力して不適切

な多剤投薬の適正化に取り組み、減少した場合の評価を新設する。

「Ⅳ-3-①」を参照のこと。

(2) 医師と連携して服用薬の減薬等に取り組んだことを評価するため、重複投薬・相互作用防止加算については、算定可能な範囲を見直す。見直しに伴い、疑義照会により処方内容に変更がなかった場合の評価は廃止する。

「Ⅲ-7-②」を参照のこと。

(3) 調剤後における継続的な薬学的管理を推進するため、以下のような見直しを行う。

①患者宅にある服用薬を保険薬局に持参させた上で管理・指導を行うことで残薬削減等に取り組むことを評価する。

②現行の対象に加え、やむを得ない事情がある場合等に、分割調剤を活用することを可能とする。これに伴い、分割調剤を行う場合の調剤基本料等の評価を見直す。

「Ⅲ-7-②」を参照のこと。

(4) 医師との連携による薬剤師の在宅業務を推進するため、在宅薬剤

管理指導業務において、医師の処方内容に対する疑義照会に伴い処方

変更が行われた場合を評価する。

「Ⅰ-4-⑮」を参照のこと。

(5) 保険医療機関と保険薬局が連携して、円滑に残薬確認と残薬に伴う日数調整を実施できるよう、処方等の仕組みを見直す。

(6) 薬剤師による服薬管理を推進する観点から、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則を改正し、正当な理由なく療養に関する指導に従わない患者等を把握した場合について、保険者への通知義務を規定する。

(7) 30日を超える長期の投薬については、予見することができる必要期間に従った投薬量が適切に処方されるよう、取扱いの明確化を図る。

第2具体的な内容

1.「Ⅳ-3-①」を参照のこと。

2.残薬、重複投薬、不適切な多剤投薬・長期投薬を減らすための取組など、薬物療法の安全性・有効性の向上や医療費適正化の観点から、医師と薬剤師が連携して、患者の処方薬剤を適正化する取組を評価する。

(1) 「Ⅳ-3-①」を参照のこと。

(2) 「Ⅲ-7-②」を参照のこと。

(3) 継続的な薬学的管理の推進

①「Ⅲ-7-②」を参照のこと。

②「Ⅲ-7-②」を参照のこと。

(4) 「Ⅰ-4-⑮」を参照のこと。

(5) 保険医療機関と保険薬局が連携して、円滑に残薬確認と残薬に伴う日数調整を実施できるよう、処方等の仕組みを見直す。

① 処方医と薬局の薬剤師が連携して、円滑に患者の残薬確認と残薬に伴う調剤数量調整等が実施できるよう、処方せん様式に、調剤時に残薬を確認した場合の対応を記載する欄を設ける。(別紙)。

 

② 当該欄にチェックがある場合は、薬局において患者の残薬の有無を確認し、残薬が確認された場合には、当該記載欄に基づいて、

 

ⅰ)保険医療機関へ疑義照会した上で調剤

ⅱ)保険医療機関へ情報提供

のいずれかの対応を行う。

(6) 薬剤師による服薬管理を推進する観点から、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則を改正し、正当な理由なく療養に関する指導に従わない患者等を把握した場合について、保険者への通知義務を規定する。

(7) 医師が処方する投薬量については、予見することができる必要期間に従ったものでなければならないこととされており、長期の投薬に当たっては、以下のような取扱いとする。

①30日を超える投薬を行う際には、長期の投薬が可能な程度に病状が安定し、服薬管理が可能である旨を医師が確認する。病状が変化した際の対応方法等を患者に周知する。

②①の要件を満たさない場合には、原則として以下のいずれかの対

応を行うこととする。

・30日以内に再診する

・200床以上の保険医療機関にあっては、200床未満の保険医療機関又は診療所に文書による紹介を行う旨の申出を行う

・患者の病状は安定しているが服薬管理が難しい場合には、分割指示処方せんを交付する